「Maya」3D アニメーション・3D モデリング推奨クリエイター向けデスクトップPCの比較した結果からおすすめを紹介

本記事は、「Maya」3D アニメーション・3D モデリングに最適なデスクトップPCを国内メーカーと有名海外メーカーから比較しおすすめ機種を紹介しています。

おすすめPC

コスパで選ぶなら

ドスパラ
Ryzen 7 3700X / 16GB DDR4 SDRAM / 1TB SSD 《無料アップグレード中》/ GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

ドスパラのこちら。

マウスコンピューター
Core i7-9700 / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 / 2TB HDD / GeForce RTX 2060 SUPER

マウスコンピューターのこちら。

から選ぶと良いでしょう。

性能から選ぶなら、

パソコン工房
Core i9-9920X / DR4-2666 DIMM (PC4-21300) 32GB(8GB×4) / 480GB [インテル Optane SSD 900P] NVMe対応 PCI Express3.0x4 SSD / GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6 ×2

パソコン工房のこちら

マウスコンピューター
インテル Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 512GB Samsung PM981a NVMe対応 / 2TB HDD / Quadro RTX 6000

マウスコンピューターのこちら。

必要スペック

まず、公式サイトより必須スペックと推奨スペックを見ておきます。

「Maya」の必須・推奨スペック

Maya | 3D アニメーション・3D モデリング 制作ソフト | Autodesk
Maya | 3D アニメーション・3D モデリング 制作ソフト | Autodesk

Maya は 3D CG 制作ソフトです。パワフルなモデリング、レンダリング、シミュレーション、テクスチャリング、アニメーション ツールなどを搭載しており、アーティスト、モデラー、アニメーターなどプロ ...

続きを見る

CPU 64 ビット Intel® または AMD® マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用
RAM 8 GB の RAM (16 GB 以上を推奨)
ディスク空き容量 インストール用に 4 GB のディスク空き容量
ポインティング デバイス 3 ボタン マウス

これに加え、推奨グラフィックスが別ページで公開されています。

これだと正直分かりませんので、現在販売されているパソコンに読み変えます。

CPU Intel Core i5以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス Intel P630/Quadro P620/Fire Pro 以上
ACTIVE STEREOSCOPIC VIEWPORT MODEを利用する場合はQuadro/FireProを推奨

「Maya」の推奨実スペック

上から導き出された結果については、以下のとおり。

CPU Intel Core i7以上
メモリ 16GB以上
グラフィックス Geforce RTX 2060以上

結果、上記の組み合わせぐらいが実際の選択肢になります。
本格的な作業を考えると、メモリだけでも増やしておきたいところです。
また、予算に余裕があればQuadroを搭載したモデルを選ぶとよいでしょう。

Quadro搭載クリエイター向けデスクトップPCの比較とおすすめ【P3200】【P4200】【RTX4000】

さて、今回は、 クリエイター向けデスクトップPCの中でも CADやAdobe CCといった処理を専門にするパソコンについて見ていきたいと思います。 とはいえ、クリエイターモデルの中でももっとも高額な部 …

推奨デスクトップPC(ドスパラ)

ドスパラからは2機種紹介。

ドスパラ
Ryzen 7 3700X / 16GB DDR4 SDRAM / 1TB SSD 《無料アップグレード中》/ GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

AMD Ryzen 7と GeForce GTX 1660 Tiを搭載したモデル。
コスパが良いモデルです。

ドスパラ
Core i7-9700KF / 16GB DDR4 SDRAM / 1TB SSD《無料アップグレード中》/ Quadro P2000 5GB

こちらは、Quadro P2000を搭載したモデル。
SSDも 1TBと大容量であり、バランスが良いですね。

推奨デスクトップPC(パソコン工房)

パソコン工房
Core i7-9700K / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 32GB(16GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6

CG WORLDとのコラボモデルであり、Mayaアニメーター向けパソコンです。
メモリは32GBと潤沢ですが、グラフィックス性能がGTX 1660 Tiとなっておりこの辺りのバランスが気になるところ。
とはいえ、この価格であれば十分かと。

パソコン工房
Core i9-9920X / DR4-2666 DIMM (PC4-21300) 32GB(8GB×4) / 480GB [インテル Optane SSD 900P] NVMe対応 PCI Express3.0x4 SSD / GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6 ×2

こちらも、CG WORLDとのコラボモデル。
CPUもグラフィックスもほとんど最高峰。
メモリが32GBと少し見劣りしますが、多くの場合十分でしょう。
SSDにIntel Optane SSD 900Pを採用しているもポイントですね。

推奨デスクトップPC(マウスコンピューター)

マウスコンピューター
Core i7-9700 / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 / 2TB HDD / GeForce RTX 2060 SUPER

スペック的にも問題ないオールラウンダーなPC
何をするにしても、十分なものでしょう。
悩んだら、こちらで良いですね。

マウスコンピューター
intelCore i9-9900K / 32GB PC4-19200 / 512GB インテル 660p NVMe対応 / GeForce RTX 2080 SUPER

上記モデルの性能アップしたモデル。

マウスコンピューター
インテル Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 512GB Samsung PM981a NVMe対応 / 2TB HDD / Quadro RTX 6000

マウスコンピューターの最も高性能なモデル。
ポイントは水冷クーラーを採用している点も素晴らしいですね。

最後に

ドスパラのラインアップが一新し、クリエイター向けのラインアップが向上しました。
ちょっと、やっつけ感もありますが、悪くないモデルです。

コスパの良いモデルとしては、

ドスパラ
Ryzen 7 3700X / 16GB DDR4 SDRAM / 1TB SSD 《無料アップグレード中》/ GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

ドスパラのこちら。

マウスコンピューター
Core i7-9700 / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 / 2TB HDD / GeForce RTX 2060 SUPER

マウスコンピューターのこちら。

から選ぶと良いでしょう。

性能から選ぶなら、

パソコン工房
Core i9-9920X / DR4-2666 DIMM (PC4-21300) 32GB(8GB×4) / 480GB [インテル Optane SSD 900P] NVMe対応 PCI Express3.0x4 SSD / GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6 ×2

パソコン工房のこちら

マウスコンピューター
インテル Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 512GB Samsung PM981a NVMe対応 / 2TB HDD / Quadro RTX 6000

マウスコンピューターのこちら。

を選ぶと良いですね。

ではでは。

© 2020 クリエイターPCのすすめ|人気ランキングやデスクトップPCのメーカー別比較とおすすめを紹介