ソフトウェアから選ぶ

Mayaによる3D アニメーション・3D モデリングにおすすめなクリエイターPCを比較した結果から紹介

本記事は、「Maya」3D アニメーション・3D モデリングに最適なデスクトップPCを国内メーカーと有名海外メーカーから比較しおすすめ機種を紹介しています。

MayaにおすすめなデスクトップPC3選

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
第11世代Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
記憶装置にはSSDとHDDのデュアルストレージとなっており、十分。
グラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGの入門機としても良いでしょう。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700F / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.5kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
メモリは32GB、512GB NVMe M.2 SSDと2TB HDDを搭載しており十分なスペックです。
こちらも、Wi-Fiに対応しており、カスタマイズするならメモリを64GBへしておくと良いでしょう。
価格とのバランスが良いので迷ったらこちら。

マウスコンピューター
Intel Core i9-12900 / 64GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3070 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.9kg
Intel Core i9とGeForce RTX 3070を搭載したデスクトップPC
メモリも64GBと十分ですしSSDだけでなくHDDも搭載しています。
さらに、無線LANも対応。
高画質の3DCGや高画質の動画編集も快適にこなせるモデルです。


必要スペック

まず、公式サイトより必須スペックと推奨スペックを見ておきます。

「Maya」の必須・推奨スペック

Autodesk Maya 2022 の動作環境| Maya 2022 | Autodesk Knowledge Network

CPU 64 ビット Intel または AMD マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用
RAM 8 GB の RAM (16 GB 以上を推奨)
ディスク空き容量 インストール用に 4 GB のディスク空き容量
ポインティング デバイス 3 ボタン マウス

これに加え、推奨グラフィックスが別ページで公開されています。
Maya, Arnold, MotionBuilder & Mudbox Certified Hardware | Maya 2022 | Autodesk Knowledge Network

これだと正直分かりませんので、現在販売されているパソコンに読み変えます。

CPU Intel Core i5以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス Intel 630/NVIDIA Quadro P620/AMD Fire Pro 以上
ACTIVE STEREOSCOPIC VIEWPORT MODEを利用する場合はQuadro/FireProを推奨

「Maya」の推奨実スペック

上から導き出された結果については、以下のとおり。

CPU Intel Core i7以上
メモリ 16GB以上
グラフィックス Geforce RTX 2060以上/Quadro P2200

結果、上記の組み合わせぐらいが実際の選択肢になります。
本格的な作業を考えると、メモリだけでも増やしておきたいところです。
また、予算に余裕があればQuadroを搭載したモデルを選ぶとよいでしょう。

NVIDIA RTX/NVIDIA Quadro搭載したおすすめなクリエイターPCを比較した結果から紹介

推奨デスクトップPC:日本HP

こちらはカスタマイズするベースとして。標準搭載されているものはほぼ使い物にならないので、CPU以外はすべてカスタマイズ必須と考えて良いでしょう。
メモリは、32GB、グラフィックスはQuadro P2200以上へカスタマイズしておきたいところです。
SSDとHDDのデュアルストレージにしておくと良いですね。

推奨デスクトップPC(パソコン工房)

パソコン工房
Core i7-12700 / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6

CG WORLDとのコラボモデルです。
メモリは32GBと潤沢ですが、グラフィックス性能がGTX 1660 Tiとなっておりこの辺りのバランスが気になるところ。
とはいえ、この価格であれば十分かと。

パソコン工房
Intel Core i7-12700 / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6
Intel Core i7とGeForce RTX 3070 Tiを搭載したモデル。
メモリはカスタマイズしておきたいところです。
メインの記憶装置は十分ですがカスタマイズし、データ保存用にHDDを追加しておくとさらに使い勝手が良くなります。

パソコン工房
Intel Core i7-12700K / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 光学ドライブ非搭載 / NVIDIA T1000 4GB GDDR6
Intel Core i7とNVIDIA T1000を搭載したモデル。
カスタマイズするならデータ保存用HDDとメモリを変更するとよいでしょう。

推奨デスクトップPC(マウスコンピューター)

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
第11世代Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
記憶装置にはSSDとHDDのデュアルストレージとなっており、十分。
グラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGの入門機としても良いでしょう。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700F / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.5kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
デスクトップPCでありながら、Wi-Fiを標準で搭載しており便利ですね。
カスタマイズも不要なモデルです。

[

マウスコンピューター
Intel Core i9-12900 / 64GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3070 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.9kg
Intel Core i9とGeForce RTX 3070を搭載したデスクトップPC
メモリも64GBと十分ですしSSDだけでなくHDDも搭載しています。
さらに、無線LANも対応。
高画質の3DCGや高画質の動画編集も快適にこなせるモデルです。

マウスコンピューター
Intel Core i9-10900X / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / NVIDIA RTX A4000 / Thunderbolt 3 / 約11.0kg
Intel Core i9とNVIDIA RTX A4000を搭載
メモリも64GBとかなり余裕があり、SSDも1TBと大容量。また追加でデータ保存用のHDDも追加可能です。
高性能モデルを探している方向けです。

推奨デスクトップPC(AMD Ryzen Threadripper搭載モデル)

サイコム
AMD Ryzen Threadripper 3970X / 64GB(16GB×4)DDR4-3200 / 1TB SSD / NVIDIA Quadro P620

AMD Ryzen Threadripper搭載し、グラフィックスにNVIDIA Quadro P620を搭載したモデル。
メモリもクアッドチャネルで高速です。

TSUKUMO eX.computer
AMD Ryzen 9 5900X / 16GB (8GBx2枚) DDR4-3200 / 1TB SSD (M.2規格 / NVMe接続) / NVIDIA T600 / 約13㎏

AMD Ryzen 9を搭載し、グラフィックスにNVIDIA T600を搭載したモデル。
メモリ16GBと十分です予算に余裕があるなら主記憶装置のSSDのサイズを大きくするかメモリを64GBへ変更するとよいでしょう。
グラフィックスは、NVIDIA T600 ~ RTX A5000を選択可能ですので、用途に併せてカスタマイズしておきましょう。

最後に

確認したところ、下記3機種が良いでしょう。

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
第11世代Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
記憶装置にはSSDとHDDのデュアルストレージとなっており、十分。
グラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGの入門機としても良いでしょう。
入門機を探しているならこちら。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700F / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.5kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
メモリは32GB、512GB NVMe M.2 SSDと2TB HDDを搭載しており十分なスペックです。
こちらも、Wi-Fiに対応しており、カスタマイズするならメモリを64GBへしておくと良いでしょう。
価格とのバランスが良いので迷ったらこちら。

マウスコンピューター
Intel Core i9-12900 / 64GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3070 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.9kg
Intel Core i9とGeForce RTX 3070を搭載したデスクトップPC
メモリも64GBと十分ですしSSDだけでなくHDDも搭載しています。
さらに、無線LANも対応。
高画質の3DCGや高画質の動画編集も快適にこなせるモデルです。

-ソフトウェアから選ぶ

© 2022 クリエイターPCのすすめ|人気ランキングやデスクトップPCのメーカー別比較とおすすめを紹介