ソフトウェアから選ぶ

CLIP STUDIO PAINT(クリップ スタジオ ペイント)におすすめなクリエイターPCを比較した結果から紹介

本記事は、クリエイターパソコンの中でも、イラストや漫画の作成向けペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT(クリップ スタジオ ペイント)」を快適に利用できるパソコンについてです。

CLIP STUDIO PAINTにおすすめなデスクトップPC 3選

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 5600G / 8GB PC4-25600 / 256GB NVMe M.2 SSD / AMD Radeon Graphics / 約6.1kg
AMD Ryzen 5 5600Gを搭載したデスクトップPC
メモリも8GB記憶装置には256GBのNVMe M.2 SSDと最低限。

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
ゲームだけでなく、イラストや動画編集といったクリエイティブ作業にも十分。
記憶装置にはNVMe M.2 SSD 512GBと1TB HDDのデュアルストレージと容量不足の心配もありません。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 5700X / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / GeForce RTX 3050 / 約11.0kg
AMD Ryzen 7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
上記モデルとの違いはCPUがAMD製Ryzenを採用していることと無線LANを搭載していないところ。
無線LANの利用がないならこちらを選んでも良いでしょう。

CLIP STUDIO PAINTの推奨動作環境

まず、最初に確認しておきたいのが、ソフトに必要なスペックです。

動作環境 | CLIP STUDIO PAINT

コンピュータ本体 SSE2に対応したIntel、AMD製CPU
OpenGL 2.1に対応したGPU
2GB以上のメモリ必須 8GB以上推奨
上記を搭載したコンピュータ
※動作に必要なメモリ容量やCPU性能は、作成する画像のサイズやレイヤー数などに依存します。一般的に画像サイズが大きく、レイヤー数が多いほど、より多くのメモリ容量や高速なCPUが必要です。

SSE2とは

IntelがCPUに採用した、マルチメディア処理向けの拡張命令セットであり、同一処理を一度に行うための命令。AMDのCPUでも同一の命令処理が可能であり、現在販売されているCPUには実装されています。

ストリーミングSIMD拡張命令 – Wikipedia

上記から導き出される実推奨スペックは、下記のとおり。

CPU Intel Core i3
AMD Ryzen 3
メモリ 8GB以上
グラフィックス GeForce GTX 1650

実際のところイラストだけであれば、専用グラフィックスは不要です。
ただし「PhosotoShop」などを併用するなら、専用グラフィクスを搭載したモデルが快適です。

CLIP STUDIO PAINT推奨デスクトップPC

メーカーとしては、BTOメーカーである3社
マウスコンピューター
パソコン工房 -クリエイター向けパソコン-
TSUKUMO eX.computer

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)におすすめなデスクトップPC(マウスコンピューター/DAIV)

マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」です。
DAIVはプロの方でも快適に作業できることを考えて製品づくりをしています。
また、はじめての方にもおすすめな標準的なデスクトップPCも併せて紹介。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 5600G / 8GB PC4-25600 / 256GB NVMe M.2 SSD / AMD Radeon Graphics / 約6.1kg
AMD Ryzen 5 5600Gを搭載したデスクトップPC
メモリも8GB記憶装置には256GBのNVMe M.2 SSDと最低限。

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約7.1kg
Intel Core i5とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
イラストやDTPだけでなく、動画編集や3DCG、ゲーム用入門機としてバランスの良いモデルです。

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
ゲームだけでなく、イラストや動画編集といったクリエイティブ作業にも十分。
記憶装置にはNVMe M.2 SSD 512GBと1TB HDDのデュアルストレージと容量不足の心配もありません。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 5700X / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / GeForce RTX 3050 / 約11.0kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
PhotoshopやillustratorといったグラフィックスデザインにおすすめなデスクトップPCです。
価格も15万円前後と手の出しやすいモデルです。
Wacom One 液晶ペンタブレットをカスタイズで追加で選べるので、別途準備しなくてよいのポイントです。

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)におすすめなデスクトップPC(パソコン工房)

パソコン工房
Intel Core i3-12100 / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / UHD Graphics 730

必要最低限というか最低限に抑えたモデルです。
しかしながら、メモリは16GBと標準的ですしSSDには、NVMe M.2 SSDを500GBと十分。

パソコン工房
Intel Core i5-12400 / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / UHD Graphics 730

性能から考えるとよくまとまっています。
こちらであれば、多くの方が不満は感じないでしょう。

専用グラフィックスが搭載されていないので、モデラーの使用でもたつくシーンもありそうです。

パソコン工房
AMD Ryzen 5 5600X / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
AMD Ryzen 5とGeForce GTX1660 SUPERを搭載したデスクトップPC
メモリも16GBと十分ですし、光学ドライブを搭載しているのも良いです。

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)におすすめなデスクトップPC(TSUKUMO)

TSUKUMO eX.computer
AMD Ryzen 3 4100 / 8GB (8GBx1枚) DDR4-3200/ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続) / AMD Radeon RX 6400 4GB / 約6kg
AMD Ryzen 3 4100とRADEON RX 6400を搭載したデスクトップPC
メモリは8GB、SSD 500GBと最低限。
本格的な作業を考えるなら、メモリとSSDはカスタマイズしておきたいところです。

最後に

クリエイティブ作業の中でも軽量なモデルで、専用グラフィックスを搭載していなくても始めることができます。

そんな中でも入門用デスクトップPCとして、以下の3モデルがおすすめです。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 5600G / 8GB PC4-25600 / 256GB NVMe M.2 SSD / AMD Radeon Graphics / 約6.1kg
AMD Ryzen 5 5600Gを搭載したデスクトップPC
メモリも8GB記憶装置には256GBのNVMe M.2 SSDと最低限。

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
ゲームだけでなく、イラストや動画編集といったクリエイティブ作業にも十分。
記憶装置にはNVMe M.2 SSD 512GBと1TB HDDのデュアルストレージと容量不足の心配もありません。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 5700X / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / GeForce RTX 3050 / 約11.0kg
AMD Ryzen 7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
上記モデルとの違いはCPUがAMD製Ryzenを採用していることと無線LANを搭載していないところ。
無線LANの利用がないならこちらを選んでも良いでしょう。

-ソフトウェアから選ぶ

© 2022 クリエイターPCのすすめ|人気ランキングやデスクトップPCのメーカー別比較とおすすめを紹介