Adobe Creative Cloud

Adobe Lightroom Classicにおすすめなクリエイター向けPCを比較した結果から紹介

本記事は、「Adobe Lightroom Classic」を利用したRAW現像に最適なデスクトップPCを国内メーカーと有名海外メーカーから比較しおすすめ機種を紹介しています。

Adobe Lightroom ClassicにおすすめなPC

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
第11世代Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
記憶装置にはSSDとHDDのデュアルストレージとなっており、十分。
グラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGの入門機としても良いでしょう。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700F / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.5kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060を搭載したデスクトップPC
メモリも32GBと十分ですしSSDだけでなくHDDも搭載しています。
さらに、無線LANも対応。
動画編集も同時に行うならこちらのモデルが良いでしょう。

「Adobe Lightroom Classic」に必要なPCのポイント

まず、RAW現像に利用するソフトウェアについてですが、「Adobe Lightroom Classic」から必要なスペックを確認します。

Lightroom Classic の必要システム構成

最小 おすすめ
プロセッサー 64 ビットをサポートしている Intel® または AMD プロセッサー(2 GHz 以上のプロセッサー)
オペレーティングシステム Windows 10(64 ビット)1903 以降
RAM 8 GB 16 GB 以上
ハードディスク容量 2 GB の空き容量のあるハードディスク(インストール用に追加の容量が必要)
モニターの解像度 1024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ 1920 x 1080 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
グラフィックカード DirectX 12 をサポートしている GPU DirectX 12 をサポートしている GPU
2 GB 以上の VRAM 4K 以上の画面解像度をサポートするディスプレイの場合は 4 GB 以上の VRAM
詳しくは、Lightroom Classic GPU の FAQ を参照してください

ここから、現在販売されているデスクトップPCへ割り当ててみます。

CPU Core i7以上
メモリ 16GB以上
グラフィックス GeForce GTX 1650以上

これが現在販売されているPCでの推奨となります。

これに合わせて、高速なSSDと大容量のHDDを搭載したモデルを推奨します。

物理的に1つのドライブだと、作成元データも一時作業領域も変換先データもすべて1つのドライブで作業することになります。
こうなると、作業自体に時間がかかるのもありますし、SSDのみだと容量不足の不安がありますし、HDD全体的な速度に不満が発生します。

できれば、高速なSSDを大容量で2つ搭載したモデルが良いのですが、そうなるとコストに跳ね返ります。
そのため、バランスが良いのがSSDとHDDの組み合わせとなるわけです。

なお、実際に利用するとわかるのですが、メモリだけはAdobeが推奨する値の倍が実際の推奨値ですので、メモリは32GBを選ぶようにしましょう。

各メーカーの推奨クリエイターPC

ここでは、各メーカーでAdobe Lightroom Classicを利用したRAW現像向けに販売されているデスクトップPCを紹介します。

Adobe Lightroom Classicを利用したRAW現像におすすめなデスクトップPC:TSUKUMO eX.computer

TSUKUMO eX.computer
AMD Ryzen 5 5500 / 16GB DDR4 SDRAM (PC4-25600、8GBx2) / 1TB SSD (M.2規格 / NVMe接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / 約13kg
AMD Ryzen 360とGeForce GTX 1650を搭載したモデル。
メモリが16GBと少ないですが、十分な性能です。

メモリとグラフィックスをカスタマイズした、ネット限定モデル PM5A-A200T/NT1を購入すると良いでしょう。

Adobe Lightroom Classicを利用したRAW現像におすすめなデスクトップPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
第11世代Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
記憶装置にはSSDとHDDのデュアルストレージとなっており、十分。
グラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGの入門機としても良いでしょう。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 5700X / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD / GeForce RTX 3050 / 約11.0kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
PhotoshopやillustratorといったグラフィックスデザインにおすすめなデスクトップPCです。
価格も15万円前後と手の出しやすいモデルです。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700F / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.5kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060を搭載したデスクトップPC
メモリも32GBと十分だしSSDだけでなくHDDも搭載しています。
さらに、Thunderbolt 3を搭載しているだけでなく、無線LANも対応。

Adobe Lightroom Classicを利用したRAW現像におすすめなデスクトップPC:パソコン工房

パソコン工房では、最低限の性能を抑えたモデルと高性能なモデルの2機種を紹介。

パソコン工房
Intel Core i5-12400 / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) /500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
こちらは、CPUもメモリも十分なレベルであり、専用グラフィックスも採用しています。
記憶装置にはNVMe M.2 SSD 500GBを搭載しており入門機としては十分な性能です。

パソコン工房
Intel Core i5-12400 / DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2) /500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
Intel Core i5とGeForce GTX 1660 SUPERを搭載したモデル。
メモリが16GBと十分。
また、SSDの容量が気になるならHDDを追加しても良いですね。

Adobe Lightroom Classicを利用したRAW現像におすすめなデスクトップPC:日本HP

日本HPからは2機種紹介。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
AMD Ryzen 5 5600G / 16GB (8GB×2) DDR4-3200MHz (最大32GB) / 512GB M.2 SSD (PCIe Gen 3x4 NVMe) / 2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) / AMD Radeon RX 6600XT / IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.2 / 約 6.31 kg
Intel Core i5とGeForce GTX 1650 SUPERを搭載したモデル。
メモリは16GBとなっているので、気になる場合は32GBへカスタマイズしておきましょう。
SSDとHDD両方を搭載したデュアルストレージモデルですが、SSDのサイズが256GBと少なめです。

気になるのは、納期だけです。

最後に

RAW現像におすすめなデスクトップPCを確認しました。

確認した中でのおすすめは以下のとおり。

マウスコンピューター
intel Core i5-12700F / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 / Intel Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約11.1kg
第11世代Intel Core i7とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
記憶装置にはSSDとHDDのデュアルストレージとなっており、十分。
グラフィックデザインだけでなく、動画編集や3DCGの入門機としても良いでしょう。

マウスコンピューター
intel Core i7-12700F / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060 / Intel Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth 5 内蔵 / 約11.5kg
Intel Core i7とGeForce RTX 3060を搭載したデスクトップPC
メモリも32GBと十分ですしSSDだけでなくHDDも搭載しています。
さらに、無線LANも対応。
動画編集も同時に行うならこちらのモデルが良いでしょう。

-Adobe Creative Cloud

© 2022 クリエイターPCのすすめ|人気ランキングやデスクトップPCのメーカー別比較とおすすめを紹介