イラスト、動画編集、RAW現像、AdobeCCといった作業を快適にしたいクリエイターのためのデスクトップPCを紹介するサイトです。

Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

Adobe Creative Cloud推奨デスクトップPCのおすすめは?【イラスト】【写真加工】【画像処理】

本記事は、「Adobe Creative Cloud」中でも、「Adobe Photoshop」や「Adobe illustrator」、「inDesign」といったソフトウェアが快適に動作するデスクトップPCを国内メーカーと有名海外メーカーから比較しおすすめ機種を紹介しています。

クリエイティブ作業をするなら必ずと言って、Adobe社製品を利用するかと。
そんな、Adobe社製品である、「Adobe Photoshop」や「Adobe illustrator」、「inDesign」といった製品が快適に動作するデスクトップPCとはどういったものか確認し、
国内BTOメーカーでも大手の

マウスコンピューター
ドスパラ
パソコン工房

のラインアップを確認し、比較しました。

Adobe製品が快適に動作するおすすめのデスクトップPC 3選

マウスコンピューターなら

ドスパラなら

ドスパラ
Core i7-9700 / 16GB DDR4 SDRAM / 500GB SSD 《無料アップグレード中》 / 2TB HDD / GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

パソコン工房なら

パソコン工房
Core i7-9700 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 1TB Serial-ATA HDD / DVDスーパーマルチ / Quadro P620 2GB GDDR5

といったあたりを確認しておくと良いでしょう。

予算が許すなら、

マウスコンピューター
Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 1TB インテル® 660p NVMe対応 M.2 SSD / 3TB HDD

を選択したいところです。

Adobeのソフトウェアを快適に利用できるパソコンとは

Adobe製品を快適に利用するためには、必要なスペックについてAdobe社の公式サイトから確認します。

CPU :Intel® Core 2 または AMD Athlon® 64 プロセッサー(2 GHz 以上のプロセッサー)
OS  :Microsoft Windows 7 Service Pack 1 日本語版、Windows 8.1 または Windows 10 日本語版(バージョン 1607 以降)
メモリ:2 GB 以上の RAM(8GB を推奨)
記憶領域:32-bit 版インストールの場合は 2.6 GB 以上のハードディスク空き容量、64-bit 版インストールの場合は 3.1 GB 以上のハードディスク空き容量。なお、インストール時にはさらなる空き容量が必要(大文字小文字が区別されるファイルシステムを使用するボリュームにはインストール不可)
画面表示:1024x768 以上の画像解像度をサポートしているディスプレイ(1280x800 以上を推奨)および 16-bit カラー、512 MB 以上の専用 VRAM(2 GB 以上)を推奨*
グラフィックス:OpenGL 2.0 対応システム

これだけを見ると、どんなデスクトップPCでも大丈夫そうですね。
ただこれは、あくまで必要最低限ということです。

ですのでソフトウェアメーカーの推奨値の倍ぐらいが快適に利用できる値となります。
とすると、
導き出されるのは

CPU:Core i5以上
メモリ:16GB以上
グラフィックス:専用グラフィックス搭載

となります。

なぜそうなるか説明しておくと
メーカーが推奨しているスペックを読み解きます。

CPU

CPUが「Intel Core 2」となっていますが、現在こういったCPUは販売されていません。
「Core 2」というのは頭脳となるコアとよばれるものが2つあるものでした。

現在、販売されているCPUでこのコアが倍の4つあるCPU
これが推奨と考えます。
現在、販売されるCPUでコアが4つ以上あるデスクトップPC用CPUは
「Core i3」

結果、CPUは「Core i5」以上を推奨します。

メモリ

メモリについては、
Adobeの推奨が「8GB」と書いてあるので、倍の16GBを推奨します。

グラフィックス

グラフィックスについては、「OpenGL 2.0 対応システム」となっています。

これはいったい何でしょうか?

OpenGL(オープンジーエル、Open Graphics Library)は、クロノス・グループ (英: Khronos Group) が策定している、グラフィックスハードウェア向けの2次元/3次元コンピュータグラフィックスAPIである。

Screenshot of ja.wikipedia.org

OpenGL - Wikipedia

また、
専用グラフィックスが利用に必要なのでしょうか?

Photoshop で互換性のあるグラフィックプロセッサー(グラフィックカード、ビデオカード、または GPU など)を使用すると、パフォーマンスと機能の改善を体験できます。また、お使いのコンピューターのグラフィックプロセッサーまたはそのドライバーが Photoshop と互換性がない場合は、表示の問題、パフォーマンスの問題、エラー、またはクラッシュが発生する可能性があります。

Screenshot of helpx.adobe.com

Photoshop でグラフィックプロセッサー(GPU)カードに関するよくある質問

とありますが、動作確認しているものには、

Intel® HD Graphics: P530、P630、5000
Intel® Iris Pro Graphics: P5200、P6300、P580

と通常のCPU内蔵グラフィックスでも動作確認が取れています。
ただし、CPU内蔵グラフィックスは
「とりあえず動作します」
というレベルですので、専用グラフィックスを搭載したデスクトップPCのほうが快適となります。

・Intel Iris Pro Graphics
・Intel HD Graphics
については、CPU内蔵ですのでそれ以外の

・NVIDIA GeForce
・NVIDIA Quadro

を対象として考えます。

ただし、
NVIDIA Quadro
については高額であり、プロの方が専用パソコンを探されている方向けとなります。

Adobe CC推奨クリエイターデスクトップPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
Core i7-9700F / 16GB PC4-19200 / 240GB SSD / 1TB HDD / GeForce RTX 2060

CPU、メモリと推奨スペックをクリアしており問題ありません。
主記憶装置もSSDであり、遅いと感じることはないでしょう。
企業が大量購入するならこのレベルを基本としてほしいところ。


価格を抑えるならこちら。
専用グラフィックスがGeForce GTX 1650となります。

マウスコンピューター
Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 1TB インテル® 660p NVMe対応 M.2 SSD / 3TB HDD

マウスコンピューターの中でも高性能なモデル。
水冷で静かですし、かなり特殊な作業でも十分にこなしてくれそうです。

Adobe CC推奨クリエイターデスクトップPC:ドスパラ

最新ランキングは
クリエイター向けデスクトップPC(PC)の通販・価格/性能比較|ドスパラ通販【公式】

こちらから確認できます。

ドスパラ
Core i7-9700 / 16GB DDR4 SDRAM / 500GB SSD 《無料アップグレード中》 / 2TB HDD / GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

CPUは十分高性能。グラフィックスも高性能ですし、メモリも申し分ありません。
SSDとHDDのデュアルストレージということで、記憶領域の不安もありません。

ドスパラ
Core i9-9900K / 32GB DDR4 SDRAM / 512GB NVMe SSD / 3TB HDD / GeForce RTX2080 Ti 11GB

ドスパラで販売されいているモデルの中でも高性能なモデル。
Youtubeへの投稿動画などでは不満を感じることはないでしょう。
4K動画や4K8Kといった画像編集も快適ですね。

ドスパラ
Ryzen 9 3900X / 32GB DDR4 SDRAM / 1TB Gen4 NVMe SSD / 3TB HDD / GeForce RTX2070 SUPER 8GB

こちらは、Ryzen 9 3900Xを搭載しており価格を抑えつつ高性能を求める人向け。
メインのストレージに1TB NVMe SSDでも高速なモデルを採用しており、全体的な体感で
遅いと感じるようなことはないでしょう。
買うならこちらのモデルがコスパ良いですね。

Adobe CC推奨クリエイターデスクトップPC:パソコン工房

パソコン工房「インテル第8世代Coreプロセッサー搭載ゲームパソコン」
パソコン工房はかなりジャンルが細かく分かれているので、目的別に探すには便利です。
ただ、スペックがアンバランスなものも見受けられるので、そのあたりの注意が必要です。

パソコン工房
Core i7-9700 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 1TB Serial-ATA HDD / DVDスーパーマルチ / Quadro P620 2GB GDDR5

第9世代インテル Core i7とQuadro P620搭載ですので、入門機としては十分です。
ただ、記憶装置がHDDとなっており、低速。
できればSSDが欲しいところです。

パソコン工房
Core i7-9700K / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 250GB ⇒ 500GB NVMe対応 M.2 SSD ※0円アップ / 1TB Serial-ATA HDD / DVDスーパーマルチ / GeForce RTX 2060 SUPER 8GB GDDR6

GeForce RTX 2060を搭載しておりグラフィクス性能も十分です。
残念なのがメモリ。
このスペックなら、メモリを16GBへカスタマイズしておくと良いでしょう。

最後に

いくつか見てきましたが、選びやすいのは、
「マウスコンピューター」ですね。

ドスパラは、一時に比べ、ラインアップが良くなりました。
AMDのCPUを搭載したモデルもあったりと、よく考えられています。

パソコン工房は、探しにくいです。
販売されているパソコンについては、マウスコンピューターと競合する部分も多いですが、
ラインアップの多さがメリットでもありデメリットとなります。

結果、
マウスコンピューターなら

ドスパラなら

ドスパラ
Core i7-9700 / 16GB DDR4 SDRAM / 500GB SSD 《無料アップグレード中》 / 2TB HDD / GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

パソコン工房なら

パソコン工房
Core i7-9700 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 1TB Serial-ATA HDD / DVDスーパーマルチ / Quadro P620 2GB GDDR5

といったあたりを確認しておくと良いでしょう。

予算が許すなら、

マウスコンピューター
Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 1TB インテル® 660p NVMe対応 M.2 SSD / 3TB HDD

を選択したいところです。

ではでは。

Copyright© Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック , 2019 All Rights Reserved.