イラスト、動画編集、RAW現像、AdobeCCといった作業を快適にしたいクリエイターのためのデスクトップPCを紹介するサイトです。

Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

【動画編集】「Adobe Premiere」「Power Director」「Video Studio」におすすめな動画編集推奨クリエイターPCのおすすめと選び方。国内BTOメーカーから比較

本記事は、
動画編集ソフト「Adobe Premiere」「Power Director」「Video Studio」が快適に動作する動画編集用ノートPCを【マウスコンピューター/DAIV】【ドスパラ/Raytrek】【パソコン工房/sense∞/iiyama】から比較しています。

最近では、Youtubeへの動画投稿を目的とした動画編集が一般化してきているだけでなく、子供成長記録のために動画を編集し保存するといった方、結婚式で流す動画の作成といった
動画を編集するといった方も多いかと。

そういった動画編集を行うにあたり、おすすめのデスクトップPCについてみていきます。

おすすめデスクトップPC3選

値段を抑えた入門モデル

パソコン工房
Core i5-9600K / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1) / 240GB ⇒ 480GB Serial-ATA SSD ※0円アップ / DVDスーパーマルチ / UHD Graphics 630

専用グラフィックスはありませんが、家庭用としても問題ないモデル。

マウスコンピューター
Core i5-9400 / 8GB PC4-19200 / 240GB SSD / GeForce GTX 1650

マウスコンピューターのクリエイティブ作業の入門機

プロモデル

ドスパラ
Ryzen 9 3900X / 32GB DDR4 SDRAM / 1TB Gen4 NVMe SSD / 3TB HDD / GeForce RTX2070 SUPER 8GB

AMD Ryzen の最新CPUを搭載しGeForce RTX 2070 SUPERを搭載したモデル。


Intel Core i9を搭載したGeForce RTX 2070 SUPERモデル

参考として、

マウスコンピューター
Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 1TB インテル® 660p NVMe対応 M.2 SSD / 3TB HDD

といったモデルもあります。

動画編集に必要なデスクトップPCのスペック

まず、どういったデスクトップPCを購入したらよいか確認するために、必要となるスペック(性能)をみておきます。

動画編集で利用されるソフトウェアの推奨スペック

動画編集については、大きく分けて2種類。
家族写真や家族の動画を編集することを目的とした一般ユーザー向けソフトウェア
・adobe premiere elements
・Power Director
・Video Studio

4K動画編集といったプロ向けソフトウェア
・adobe premiere Pro

とあり、この2つの観点から見ていきたいと思います。

「Adobe premiere elements 2019」の推奨スペック

SSE2をサポートする2GHz以上のプロセッサー(HDVの編集にはデュアルコアプロセッサーが必要)
Microsoft Windows 7(Service Pack 1)日本語版、Windows 8.1日本語版、またはWindows 10日本語版(推奨)64-bit版のみ(32-bit版はサポートされません)
6.1GB以上の空き容量のあるハードディスク(アプリのインストール用)、オプションコンテンツをすべてダウンロードするには、さらに10GB以上の空き容量が必要
Microsoft DirectX 9または10互換のサウンドドライバーおよびディスプレイドライバー
Windows Media Player(Windows Mediaフォーマットの読み込み/書き出しに必要)
DVD作成には記録対応DVDドライブが必要
4GB以上のRAM(8GB以上を推奨)
XAVC-S(4K編集用)には インテルCore i7プロセッサーと16GB以上のRAMが必要
1,280x800以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(倍率100%時)
DVD-ROMドライブ(DVDからのインストール時に必要)
プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)およびコンテンツのダウンロードのためにインターネット接続が必要*

こちらを読み解くと、
64bit Windows7/8.1/10を搭載したPCであること
4K動画を編集するならCPUにCore i7メモリは16GBを搭載したもの
通常であれば、CPUはCore i5とメモリは8GBを搭載したもの
で問題ないとなります。
ポイントなのは、専用グラフィックスを搭載していなくてよいところです。
これの有無で大きく価格が変わりますので。

「Power Director 17」の推奨スペック

OS:Microsoft Windows 10、8、8.1、7 Service Pack 1 (64 bit OS 推奨)
CPU:Intel Core™ i-series、または AMD Phenom® II 以上
グラフィックス (GPU):通常 2D 動画: 128MB 以上の VRAM/360 度動画: DirectX 11 に対応/AI プラグイン: 2GB 以上の VRAM
メモリー:2GB 以上 (6GB 以上推奨)
ハードディスクの空き容量:10GB
光学ドライブ:書き込み可能 DVD ドライブ、Blu-ray ドライブ
サウンド機能:Windows 対応のサウンドカード、またはオンボードサウンド機能
インターネット接続
初回起動時のアクティベーション、ユーザー登録、コーデック、ディスク作成時のアクティベーション (AVCHD、Blu-ray ディスク、DVD、H.264、MPEG-2) 、サブスクリプションサービスに必要となります。
モニター解像度:1024 x 768、16-bit カラー以上

「Power Director 17」については、
64BitのWindows 7以降であれば、問題ないとなります。
CPUやメモリというところで見ていくと、
一部機能(AIプラグイン)で専用グラフィックスがあったほうが良いとなっていますが、
多くの場合、専用グラフィックスなしでも問題ないでしょう。
そのため、
CPUは、Core i3以上でメモリは、8GB以上のPCであれば良いとなります。

「Video Studio」の推奨スペック

Windows 10、Windows 8、Windows 7、64 ビット OS を強く推奨
Intel Core i3 または AMD A4 3.0 GHz 以上
AVCHD & Intel Quick Sync Video サポートには Intel Core i5 または i7 1.06 GHz 以上が必要
UHD、マルチカメラまたは 360 度ビデオには Intel Core i7 または AMD Athlon A10 以上
UHD、マルチカメラまたは 360 度ビデオには、4 GB 以上の RAM および 8 GB 以上を強く推奨
ハードウェア デコード アクセラレーションには最小 256 MB の VRAM および 512MB 以上を強く推奨
HEVC (H.265) サポートには Windows 10 および対応する PC ハードウェアまたはグラフィックカードおよび Microsoft HEVC ビデオ拡張のインストールが必要
最低画面解像度:1024 x 768
Windows 対応サウンド カード
最低 4 GB の HDD 空き容量(フルインストール用)

「Video Studio」については、
64bit Windows 7/8.1/10ということで、前の2製品と変わりません。
CPUは Core i3以上で、メモリは4GB以上
専用グラフィックスであるVRAMについての記載もありますが、CPU内臓と変わらないレベルの記載であり、
結果、専用グラフィックスはなくても大きく変わらないというのが、結論です。

「Adobe Premiere Pro」の推奨スペック

Windows
最小システム要件
プロセッサー:Intel® Intel 第 6 世代以降 CPU
オペレーティングシステム:Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1703 以降(必須)
RAM:16 GB の RAM(32 GB 推奨)/4 GB の GPU VRAM
ハードディスク空き容量:アプリケーションのインストールおよびキャッシュ用に高速内部 SSD(推奨)と、メディア用の一時容量
画面解像度:画面解像度 1920 x 1080 以上
ビデオカード:32 ビットビデオカード
インターネット:必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。

動画編集用PCを選ぶポイント

動画編集ソフト「Adobe Premiere elements 2019」「Power Director 17」「Video Studio」と、プロ用である「Adobe Premiere Pro」について、必要となるスペックを見てきました。
「Adobe Premiere Pro」だけ、かなり高性能なPCを要求されています。

通常利用であれば、
CPUについては、
Intel Core i5(第8世代以降)
メモリは、8GB以上
快適動作を考えると、
主記憶装置については、SSDを搭載したモデルが良いですね。

「Adobe Premiere Pro」を利用する場合は、
CPU:Intel Core i5(第8世代以降)
メモリ:16GB以上
専用グラフィックス:nVIDIA GeForce GTX 1650(VRAM 4GB)以上
を基本とし、
さらに記憶装置は
OSをインストールするドライブには、
SSDを搭載し、データの保存用にHDDを別途搭載しているモデルが良いとなります。

「Power Director」「Video Studio」については、
上記モデルであれば十分カバーできますし、
光学ドライブはDVDやBlu-rayの媒体を作成しなければなくても問題ないですね。

ということで、
CPU:Core i5(第8世代以降)
メモリ:8GB以上(Adobe Premiere Proのみ16GB以上)
グラフィックス:CPU内臓グラフィックス(Adobe Premiere ProのみGeForce GTX 1650 以上)
記憶装置:SSD 256GB+HDD 1TB以上
を基準として、見ていきます。

なお、記憶装置についてですが、
SSDについては、128GB前後のモデルもあります。
ただし、普段使いをするには容量が少ないですし、こういったソフトウェアはソフト自体も大容量であったり、
一時的に利用する領域も大きくなり、結果、容量不足で買い替えることになってしまう可能性があります

ですので、最低でも256GB以上出来れば512GB以上を搭載したモデルが良いですが価格がどうしても上がってしまいます。
このあたりは、専用機なのかいろいろと利用するのかにより256GBか512GBにするか選ぶとよいでしょう。

動画編集の推奨デスクトップPC

動画編集用デスクトップPCとして
・家庭向け動画編集用デスクトップPC
・プロ向け動画編集用デスクトップPC
を確認してみました。

パソコン工房(iiyamaPC/Sense∞):動画編集向け推奨デスクトップPC

まず、パソコン工房から確認します。

パソコン工房(iiyamaPC/Sense∞):家庭向け動画編集用デスクトップPC

パソコン工房
Core i5-9600K / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1) / 240GB ⇒ 480GB Serial-ATA SSD ※0円アップ / DVDスーパーマルチ / UHD Graphics 630

こちらは、イラストレーター向けとなっていますが、十分な性能です。
特に、HDDより高速なSSDが480GBと普段使いにも十分ですし、光学ドライブも搭載しています。
家族でも十分利用できます。
ただ、ゲームはちょっと難しいですね。

パソコン工房(iiyamaPC/Sense∞):プロ向け動画編集用デスクトップPC

パソコン工房
Core i5-9400F / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 240GB ⇒ 480GB Serial-ATA SSD ※0円アップ / DVDスーパーマルチ / Quadro P1000 4GB GDDR5

こちらは、専用グラフィックスにQUADROを採用したモデル。
プロモデルの入門機といったスペックです。
スリムパソコンということで、圧迫感がすくなくディスプレイの横においても問題ないですね。

ドスパラ(raytrek):動画編集向け推奨デスクトップPC

ドスパラはラインアップが厳選されており選びやすいのが特徴です。

ドスパラ(raytrek):家庭向け動画編集用デスクトップPC

ドスパラ
Core i5-8500 / 16GB DDR4 SDRAM / 240GB SSD / 1TB HDD / インテル UHDグラフィックス630

こちらは、スペック的に十分なモデル。
メモリが16GBとなっており、本格的な動画編集も十分対応できそうです。

ドスパラ(raytrek):プロ向け動画編集用デスクトップPC

ドスパラ
Ryzen 9 3900X / 32GB DDR4 SDRAM / 1TB Gen4 NVMe SSD / 3TB HDD / GeForce RTX2070 SUPER 8GB

最新のAMD Ryzen 9を搭載したモデル。
4K動画編集向けモデルでも安価でバランスの取れたモデルです。

マウスコンピューター(DAIV):動画編集向け推奨デスクトップPC

最後にマウスコンピューターです。
クリエイターブランド「DAIV」を展開しています。
その中でも、GeForceとQuadroを搭載したラインアップが豊富です。

マウスコンピューター(DAIV):家庭向け動画編集用デスクトップPC

マウスコンピューター
Core i5-9400 / 8GB PC4-19200 / 240GB SSD / GeForce GTX 1650

こちらであれば、多くのクリエイティブ作業が可能なモデル。
入門機としては十分なのですが、ちょっと記憶領域が心もとないですね。

マウスコンピューター
Core i7-9700F / 16GB PC4-19200 / 240GB SSD / 1TB HDD / GeForce RTX 2060

マウスコンピューターのクリエイターPCの売れ筋から。
上のモデルよりも、高性能。
ゲームも快適にこなすレベルです。
記憶装置にSSDとHDDが両方搭載されており

マウスコンピューター(DAIV):プロ向け動画編集用デスクトップPC

マウスコンピューター
Core i7-9700F / 32GB PC4-19200 / 480GB SSD / 3TB HDD / GeForce® GTX 1660 / ブルーレイディスク

動画だけでなく高画質な写真加工などもできる性能だけでなく、
大容量のHDDが搭載されており光学ドライブが搭載していることから媒体によりデータ保存や適用なども可能です。


Intel Core i9を搭載しておりグラフィックスにGeForce RTX 2060 SUPERとかなりの高い性能です。
ただ、メモリが16GBとなっており、不安があるようであれば32GBへカスタマイズしても良いでしょう。

マウスコンピューター
Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 1TB インテル® 660p NVMe対応 M.2 SSD / 3TB HDD

確認できた範囲ではマウスコンピューターで販売されているもっとも高性能な動画編集用デスクトップPC

業務用 4K動画編集・特殊効果処理向けパソコン

との記載もありハイスペックなPCを探している方向けといっても良いでしょう。

最後に

さて、見てきた結果ですが、
価格を抑えた一般的なデスクトップPCとしては、

パソコン工房
Core i5-9400F / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 240GB ⇒ 480GB Serial-ATA SSD ※0円アップ / DVDスーパーマルチ / Quadro P1000 4GB GDDR5

パソコン工房のこちらが良いですね。

マウスコンピューター
Core i7-9700F / 16GB PC4-19200 / 240GB SSD / 1TB HDD / GeForce RTX 2060

がバランスが良くなにをするののにも十分です。

この中で、本格的な作業を求めるなら、

ドスパラ
Ryzen 9 3900X / 32GB DDR4 SDRAM / 1TB Gen4 NVMe SSD / 3TB HDD / GeForce RTX2070 SUPER 8GB

マウスコンピューター
Core i9-9980XE / 水冷CPUクーラー / 64GB PC4-19200 / 1TB インテル® 660p NVMe対応 M.2 SSD / 3TB HDD

あたりから選ぶと良いでしょう。

ではでは。

Copyright© Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック , 2019 All Rights Reserved.