イラスト、動画編集、RAW現像、AdobeCCといった作業を快適にしたいクリエイターのためのデスクトップPCを紹介するサイトです。

Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

【RAW現像】Lightroom/SILKYPIX推奨クリエイターPCのおすすめ3選。国内メーカーからラインアップを確認

本記事は、「Adobe Lightroom」「SILKYPIX」を利用したRAW現像に最適なデスクトップPCを国内メーカーと有名海外メーカーから比較しおすすめ機種を紹介しています。

RAW現像におすすめなPC

おすすめのPCを先にいっておくと


マウスコンピューターのこちら

ドスパラ
Core i7-8700/16GB DDR4 SDRAM/GeForce GTX1650 4GB/500GB SSD

ドスパラのこちら

パソコン工房
Core i7-9700K/ DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2)/ 500GB NVMe対応 M.2 SSD/DVDスーパーマルチ/GeForce GTX 1660 Ti 6GB

パソコン工房ならこちら

これらを確認しておくと良いでしょう。

RAW現像で必要なPCのポイント

まず、RAW現像に利用するソフトウェアについてですが、
Adobe Lightroom
SILKYPIX
あとは、カメラメーカーが提供するRAW現像ソフトを利用されているかと。

今回は、Adobe Lightroomから必要なスペックを確認します。

Screenshot of helpx.adobe.com

Lightroom CC の必要システム構成

プロセッサー インテル® または AMD プロセッサー(64-bit 対応); 2GHz 以上のプロセッサー
オペレーティングシステム Microsoft Windows 10*(64 ビット対応)(バージョン 1709 以降)
RAM 4 GB 以上の RAM(8 GB 以上を推奨)
ハードディスク容量 2 GB以上のハードディスク空き容量(インストール時に必要)
モニターの解像度 1,024x768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
グラフィックプロセッサーのアクセラレーション要件 AMD:Radeon GPU(DirectX 12 または OpenGL 3.3 サポート)
Intel:Skylake 以降の GPU(DirectX 12 サポート)
NVIDIA:DirectX 12 または OpenGL 3.3 サポートの GPU
GPU 関連機能用 OpenGL 3.3 および DirectX 10 対応ビデオアダプター.
1 GB 以上の Video RAM(VRAM)。
2 GB 専用 VRAM(4 GB を推奨、4K や 5K などの大型で高解像度のモニター向け)。

これだと良くわかりませんね。

CPU Core i5以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス GeForce GTX 1650以上

これを現在販売されているPCに当てはめると
が推奨となります。

これに合わせて、
記憶装置は、高速なSSDと大容量のHDDを搭載したモデルを推奨します。

物理的に1つのドライブだと、作成元データも一時作業領域も変換先データもすべて1つのドライブで作業することになります。
こうなると、作業自体に時間がかかるのもありますし、SSDのみだと容量不足の不安がありますし、HDD全体的な速度に不満が発生します。

できれば、高速なSSDを大容量で2つ搭載したモデルが良いのですが、そうなるとコストに跳ね返ります。
そのため、バランスが良いのがSSDとHDDの組み合わせとなるわけです。

RAW現像向けおすすめノートPCの選ぶポイント

選ぶポイントしては、

最重要 メモリ、CPU
重要 記憶装置(SSD)、液晶ディスプレイ
推奨 専用グラフィックス

これを実際の販売されているPCから見ておくと、

CPU 第8世代Core i5以上
メモリ 8GB
主記憶装置(SSD) 250GB
専用グラフィックス GeForce GTX GTX 1650以上

を基準としておけば問題ありません。

各メーカーの推奨クリエイターPC

ここでは、各メーカーでRAW現像向けに販売されているデスクトップPCを紹介します。

ドスパラ:RAW現像推奨デスクトップPC

ドスパラから2機種

ドスパラ
Core i7-8700/16GB DDR4 SDRAM/GeForce GTX1650 4GB/500GB SSD

コストパフォーマンスの良い、デスクトップPC

ドスパラ
Core i7-9700KF/32GB DDR4 SDRAM/GeForce GTX1660Ti 6GB /512GB NVMe SSD / 2TB HDD

高性能なCPUと大容量なメモリを搭載したモデル。

RAW現像を楽しむか極めるかで異なりますが、個人ならどちらでも十分なレベルです。

マウスコンピューター:RAW現像推奨デスクトップPC

マウスコンピューターから、2機種


3,000万画素以上/4K環境などで使われる方におすすめなモデル

マウスコンピューター
Core i9-9900K/GeForce RTX 2080/32GB PC4-19200/500GB Crucial MX500 SSD1/500GB Crucial MX500 SSD2

こちらは、上記モデルより高性能なモデル

個人の入門機であれば、


こちらモデルが結構お手頃で良いですね。
実際にASCIIのプロカメラマンが考えたモデルというのも構成を考えると納得できます。

パソコン工房:RAW現像推奨デスクトップPC

パソコン工房では、RAW現像向けモデルが現在販売されていません。
そのため、
最低限の性能を抑えたモデルと高性能なモデルの2機種を紹介。

パソコン工房
Core i5-8500/DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) /240GB Serial-ATA SSD/DVDスーパーマルチ/GeForce GTX 1050 2GB

こちらは、CPUもメモリも十分なレベルであり、専用グラフィックスも採用しています。
個人で利用するには、記憶装置がSSDで使い勝手は良いのですが、容量に少し不安が残るかと。

外付けHDDを別途用意するかカスタマイズして追加しておくと良いでしょう。

パソコン工房
Core i7-9700K/ DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2)/ 500GB NVMe対応 M.2 SSD/DVDスーパーマルチ/GeForce GTX 1660 Ti 6GB

上記モデルからCPU、グラフィックスを強化し、容量の増えた高速な記憶装置 NVMe M.2 SSDを搭載してること。
さらに、水冷クーラーを搭載しているのもポイントです。

最後に

3メーカーからRAW現像推奨PCを見てきました。

マウスコンピューターのRAW現像モデルは、高性能であり高画質の写真を取り扱っても問題ないでしょう。
ドスパラは、少し抑え性能を抑えた個人でも十分なモデル。
パソコン工房は、そもそも推奨モデルがないので、メーカーの考え方がわかりません。
ただ、他のコラボモデルなどを見てみると、ユーザーが詳しくないと難しいかと。

販売されている製品、どのメーカーを選んでも良いかと思いますが、
おすすめは、


マウスコンピューターのこちら。

写真を専門に取り扱っているプロの方はハイアマチュアの方向けといえるでしょう。

参考:

色の高い再現率を考えると、Quadro搭載モデルを探している方は、
こちらを参考にしてみると良いでしょう。

Copyright© Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック , 2019 All Rights Reserved.