【15万円以下】クリエイター向けデスクトップPCのおすすめと選び方【価格別】

本記事は、15万円以下のクリエイター向けデスクトップPCを比較し、おすすめを紹介しています。

クリエイターPCで選ぶポイントは、
CPUとメモリ、あとは専用グラフィックスを採用していることが
快適度を大きく左右されます。

記憶装置ではSSDとHDDがあり、高速なのはSSD。SSDを搭載しておくと普段使いだけでなく起動終了といった面で大きく時間短縮できます。
そのため、本記事では、記憶装置にSSDを搭載したモデルを基本として紹介。

15万円以下のおすすめクリエイター向けデスクトップPC

ドスパラ
Intel Core i7-10700 / 16GB DDR4 SDRAM / WD 1TB SSD / HDD 無し / GeForce GTX 1650 4GB

GeForce GTX 1650を搭載したコストパフォーマンスの高いモデル。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / NVIDIA Quadro P620

Quadro P620を搭載した企業が大量導入にあったモデル。

あたりを確認しておくと良いでしょう。

15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

ここでは、国内BTOメーカーが販売するデスクトップのクリエイターPCについて確認します。

マウスコンピューター:15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

マウスコンピューターからはグラフィックスに「GeForce GTX 1650」「AMD Radeon RX 5700」「Quadro P620」を搭載した4モデルです。

マウスコンピューター
intel Core i5-10700 / 16GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 SUPER

Intel Core i5とGeForce GTX 1650を搭載した標準的なモデル。
企業で大量導入が必要なモデルを探しているならこちらをベースにSSDの容量を500GB以上にしておきたいところです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 2060 SUPER

Intel Core i7とRadeon XT 5700を搭載したモデル。
コストを抑えつつ高性能なモデルを探しているなら、こちらもSSDの容量を500GBにしておくと更に快適になります。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 SUPER

Z5と異なる点はCPU。コストを抑えつつCPU性能が高性能化しています。
SSDが気になるので、500GBへ増やしておくと快適になります。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / NVIDIA Quadro P620

CPUはCore i5とQuadro P620を搭載したモデル。
Quadroを搭載したモデルとしては、こちらが最も安価になります。
企業でQuadro搭載の安価なモデルを探しているなら、良い候補になります。

ドスパラ:15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

ドスパラ
Intel Core i7-10700 / 16GB DDR4 SDRAM / WD 1TB SSD / HDD 無し / GeForce GTX 1650 4GB

CPUにCore i7とGTX 1650を搭載したモデル。
SSDも1TBと潤沢で、個人でクリエイターPCを探している方にはおすすめですね。

ドスパラ
Ryzen 7 3700X / 16GB DDR4 SDRAM / WD 1TB SSD / GeForce GTX1660 SUPER 6GB GDDR6

AMD Ryzen 3700XとGTX 1660Tiを搭載したモデル。
上記モデルより高性能であり、SSDもITBと潤沢です。

raytrek XT レイトレック XT
ドスパラ
Core i7-10700 / 16GB DDR4 SDRAM / 512GB NVMe SSD / 2TB HDD / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6

Intel Core i7とGeForce GTX 1660Tiを搭載したモデル。
ソフトによっては、AMDだと処理に頭打ちになるシーンもあるため、信頼性重視ならこちらが選択肢になるかと。

ドスパラ
Core i7-10700 / 16GB DDR4 SDRAM / WD 1TB SSD / Quadro P620 2GB

Core i7とQudro P620を採用した企業向けモデル。
メモリも16GBとなっていますので、Quadro搭載モデルを探しているならこちらが検討対象になりますね。

パソコン工房:15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

パソコン工房は全部記載すると多すぎるので、パソコン工房のおすすめからいくつかピックアップ。
パソコン工房では光学ドライブを標準で搭載したモデルが多いのが特徴です。

パソコン工房
AMD Ryzen 5 3600 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 480GB Serial-ATA SSD / DVDスーパーマルチ / Quadro P1000 4GB GDDR5

Intel Core i5とQuadro P1000と企業向けの標準モデル。
光学ドライブも搭載していますし、SSDも480GBと容量は十分です。

パソコン工房
Core i5-9600K / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 1TB Serial-ATA HDD / DVDスーパーマルチ

こちらは、メモリが8GBとHDD 1TBと最低限レベル。
出来れば、メモリだけでも強化しておきたいところです。

パソコン工房
Core i9-10900X / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 32GB(8GB×4) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / Quadro P620 2GB GDDR5

Intel Core i9とQuadro P620を搭載したモデル。
メモリも16GBと十分ですが、SSDの容量はもう少し欲しいところです。

最後に

今回国内BTOメーカーから確認しました。

納期から考えると、ドスパラの2機種。

ドスパラ
Intel Core i7-10700 / 16GB DDR4 SDRAM / WD 1TB SSD / HDD 無し / GeForce GTX 1650 4GB

GeForce搭載モデルならこちら。

ドスパラ
Core i7-10700 / 16GB DDR4 SDRAM / WD 1TB SSD / Quadro P620 2GB

Quadro搭載モデルならこちら。

サポート面から考えるとマウスコンピューターの2機種。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 SUPER

GeForce搭載モデルのこちら。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / NVIDIA Quadro P620

Quadro搭載モデルならこちら。

パソコン工房で選ぶなら1機種

パソコン工房
AMD Ryzen 5 3600 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 480GB Serial-ATA SSD / DVDスーパーマルチ / Quadro P1000 4GB GDDR5

この中でも、ドスパラのこちらと

ドスパラ
Intel Core i7-10700 / 16GB DDR4 SDRAM / WD 1TB SSD / HDD 無し / GeForce GTX 1650 4GB

マウスコンピューターのこちら

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 SUPER

をまず県t号すると良いでしょう。

ではでは。

【10万円以下】クリエイター向けデスクトップPCのおすすめと選び方【価格別】

10万円でも購入できるクリエイター向けPCの販売されている内容を比較し、おすすめを紹介しています。 目次1 10万円以下のおすすめクリエイターPC2 10万円以下で購入できるPCの性能は3 10万円以 …

© 2020 クリエイターPCのすすめ|人気ランキングやデスクトップPCのメーカー別比較とおすすめを紹介