価格から選ぶ

15万円以下で購入できるクリエイター向けPCを比較した結果からおすすめを紹介

本記事は、15万円以下のクリエイター向けデスクトップPCを比較し、おすすめを紹介しています。

15万円以下のおすすめクリエイター向けデスクトップPC

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / GeForce GTX 1050 Ti / 約10.3kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1050Tiを搭載したデスクトップPC
PhotoshopやillustratorといったグラフィックスデザインにおすすめなデスクトップPCです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700F / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / NVIDIA T600 / インテル Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.6kg
CPUはCore i7とQuadro P620を搭載したモデル。
Quadroを搭載したモデルとしては、こちらが最も安価になります。
記憶装置には、データ保存用のHDDを追加しておくと良いでしょう。

パソコン工房
Intel Core i5-10400 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
Intel Core i5とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
価格と性能を考えるとかなりコストパフォーマンスが高いです。
動画編集や3DCGも快適に作業できるでしょう。
ただしメモリが16GBと少ないので、最低でも32GBまでカスタマイズしておきたいところです。

15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

ここでは、国内BTOメーカーが販売するデスクトップのクリエイターPCについて確認します。

マウスコンピューター:15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

マウスコンピューターからはグラフィックスに「GeForce GTX 1660」「Quadro P620」を搭載した3モデルです。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / GeForce GTX 1050 Ti / 約10.3kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1050Tiを搭載したデスクトップPC
PhotoshopやillustratorといったグラフィックスデザインにおすすめなデスクトップPCです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700F / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / NVIDIA T600 / インテル Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.6kg
Core i7とQuadro P620を搭載したモデル。
Quadroを搭載したモデルとしては、こちらが最も安価になります。
記憶装置には、データ保存用のHDDを追加しておくと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i5-10400 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 Ti / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg
Intel Core i5とGeForce GTX 1660を搭載したゲーミングデスクトップPC
イラストやグラフィックデザインと作業には十分な性能です。
価格を抑えたモデルを探している方向け。

日本HP:15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

日本HP
Intel Core i5-10400T / 8GB (8GB×1) DDR4-2666MHz (最大16GB) / 256GB SSD(16GB OptaneメモリーH10)+2TB HDD / NVIDIA GeForce GTX 1650 / 23.8インチワイド・フルHDブライトビューIPS・10点タッチディスプレイ

23.8インチディスプレイを搭載した一体型デスクトップPC
GerForce GTX 1650を搭載しているのはよいのですが、メモリは最大16GBとなっているのが、非常に残念。

日本HP
AMD Ryzen 5 3500 / 16GB (8GB×2) DDR4-2666MHz (最大32GB) / 256GB M.2 SSD (PCIe NVMe) / 2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) / AMD Radeon RX 5500 4GB (GDDR6) /
AMD Ryzen 5 3500とAMD Radeon RX 5500を搭載したモデル。
イラストやデザイン、RAW現像による写真加工にも十分な性能です。
価格を抑えたモデルを探している方向けですね。
メモリは、32GBが最大となっているのでそこまで増やしておきたいところです。

パソコン工房:15万円以下のクリエイター向けデスクトップPC

パソコン工房は全部記載すると多すぎるので、パソコン工房のおすすめからいくつかピックアップ。
パソコン工房では光学ドライブを標準で搭載したモデルが多いのが特徴です。

パソコン工房
Intel Core i5-10400 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
Intel Corei5とGeForce GTX 1660 SUPERを搭載したモデル。
Adobe Photoshopやillustrator、Lightroomといったイラストや写真加工、RAW現像といった作業でも十分な性能です。

パソコン工房
Intel Core i5-10400 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / Quadro P1000 4GB GDDR5
Intel Core i7とQuadro P1000を搭載したモデル。
メモリが16GBと少な目なので、32GBまでカスタマイズしたいところです。
2D CADにおすすめなPCです。

パソコン工房
Intel Core i5-10400 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
Intel Corei5とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
Adobe Premiere ProやAfterEffectsといった動画編集や加工といった作業でも十分な性能です。

最後に

CPUはかなり上位のものが選べます。グラフィックスもGeForce RTX 3060を搭載したモデルも選べるので、用途によってはオーバースペックともいえる機種もあります。
ただし、メモリ容量が16GBが標準のため32GBへカスタマイズはしておきたいところです。

特徴的なモデルは下記のとおり。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 SSD / GeForce GTX 1050 Ti / 約10.3kg
Intel Core i7とGeForce GTX 1050Tiを搭載したデスクトップPC
PhotoshopやillustratorといったグラフィックスデザインにおすすめなデスクトップPCです。

パソコン工房
Intel Core i5-10400 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
Intel Core i5とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
価格と性能を考えるとかなりコストパフォーマンスが高いです。
動画編集や3DCGも快適に作業できるでしょう。
ただ、メモリが16GBと少ないので、最低でも32GBまでカスタマイズしておきたいところです。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10700F / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / NVIDIA T600 / インテル Wi-Fi 6 AX201(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.6kg

CPUはCore i7とQuadro P620を搭載したモデル。
Quadroを搭載したモデルとしては、こちらが最も安価になります。
記憶装置には、データ保存用のHDDを追加しておくと良いでしょう。

-価格から選ぶ

© 2021 クリエイターPCのすすめ|人気ランキングやデスクトップPCのメーカー別比較とおすすめを紹介