イラスト、動画編集、RAW現像、AdobeCCといった作業を快適にしたいクリエイターのためのデスクトップPCを紹介するサイトです。

Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック

【入門機】10万円以下で購入可能はデスクトップクリエイターPCのおすすめ 国内BTOメーカーから比較

クリエイターPCは高いもの。
と思っていませんか?

今回は、10万円でも購入できるクリエイターPCの販売されているか確認し比較してみました。

10万円以下のおすすめクリエイターPC


パソコン工房のこちら。
性能面で気になるのは、メモリがシングルチャネルなところ。
デュアルチャネルなら、入門機としても十分な性能です。
NVIDIA Quadroを搭載してるのも高評価のポイントです。


マウスコンピューターからは通常モデルです。
クリエイター向けブランドである「DAIV」はどうしても価格的に厳しいですね。

この価格帯なら、パソコン工房のモデルが良いでしょう。

10万円以下で購入できるPCの性能は

普通のPCとの違いはグラフィックスなんですが、
CPUもグラフィックスも中級クラス。
メモリも最低限の8GB。
主記憶装置は、HDDかSSDでも容量の小さなモデルです。

専用機としてはなんとか利用できるレベルですが、

10万円以下で販売されているクリエイターPC

ほぼ無いに等しいのですが、そんな中でも価格に見合ったものを紹介。

マウスコンピューター:10万円以下で販売されているクリエイターPC

残念ながらクリエイター向けブランド「DAIV」ではありませんでした。

マウスコンピューター
Core i5-9400 / 8GB PC4-19200 / 240GB SSD / GeForce GTX 1650

こちらが最も安価なモデル。
しかし、10万円を超えてしまいます。

通常モデルで探してみると、


こちらは、CPUにAMD Ryzen 5 を採用したモデル。
専用機を初めて購入するならこのレベルでも問題ないでしょう。

ドスパラ:10万円以下で販売されているクリエイターPC


ドスパラからはこちら。
ノート用CPUを搭載したコンパクトなモデル。
メモリやストレージは十分です。
グラフィックスはIntel のCPU内臓モデルの中では高性能なIrisを採用したモデル。

これはこれでありですね。

パソコン工房:10万円以下で販売されているクリエイターPC


パソコン工房からは
Quadro搭載したモデル。

実用的なレベルとしても十分な性能です。

最後に

今回は、10万円というかなり厳しい条件でみてきました。

そんな中でも抜けていたのは、
パソコン工房の


こちらですね。

ドスパラやマウスコンピューターも悪くないのですが、クリエイター向けPCとして販売してる中ではバランスが最もよかったです。
正直、この価格帯よりもうひとつ上の価格帯のほうが選択肢が広がるため、予算を15万円まで確認したほうがよさそうです。

ではでは。

Copyright© Creator's PC/クリエイターズPCまとめ|人気ランキングやおすすめ・比較チェック , 2019 All Rights Reserved.